会計参与の意味と選任方法

会計参与とは新会社法で定められた、企業の会計を職責とする役員の名称のことです。

取締役と共同で会社の計算書類を作成するために会社が原則として任意で設置する機関であり、公認会計士もしくは監査法人、税理士もしくは税理士法人でなければなりません。しかし、その会社や子会社の取締役、監査役等の役員や従業員の場合は会計参与になれないのです。

選任方法は、会計参与を設置することを定款で定め株主総会で選任します。会計参与は登記事項であり、企業の登記簿に記載されます。取締役や監査役と同様の株式会社の役員ですが、他の役員とは独立した立場を保ち、取締役と共同して計算関係書類を作成します。また、会社とは別にその計算関係書類を5年間保管し、株主や債権者の請求に対し、閲覧や謄本等の交付に対応することを義務づけられています。

職務としては以下の内容があります。

・計算関係書類の作成
・会計参与報告の作成
・株主総会などにおける説明
・計算関係書類の備置き
・株主・債権者への開示(株主・債権者から要求があった場合)
・その他