定款認証や資本金の払込など会社設立を自分でしていたい人必見の記事

確定申告の季節ですね。

自宅フリーランスや自宅起業の私にとってこの既設は仕事以外に

書類整理や伝票整理でてんやわんや。

日頃から帳票類は揃えておきたいものです。

ところで、先日いろんな起業に関するブログやニュースを見ていていいまとめを発見しました。

会社設立の流れを簡潔に書いた記事なので正直、これをみればだいたいのことはわかるかなと思います。

会社設立で必要な手順

1.定款の作成

2.定款認証

3.資本金の払込

4.会社設立登記申請

だいたいこの項目でOK

参考記事 こちら

なにはなくとも会社なので株式会社の定款を作成剃る必要があります。

そしてその定款認証の手続き

資本金の払込

そして登記の申請です。

詳しい流れはリンク先のほうが詳しいので割愛しますが

自分でここまでやることのメリットって何なんでしょうね。

私なら会計事務所にそのまま任せて手数料も抑える方法を選びますけどね。

だって、

どうせ会社設立したらその後もお世話になるんだから、任せたほうがいいかなと猛のですが、、。

ともあれ、自分で手続してみたいという方はとても参考になりますよ。

会社設立後の倒産1年でなんと!でした。

先日、起業セミナーなるものに初めて参加したのですが

法人化して会社設立するとして、その中でも3年のこるのが10%だとか。

大阪の話しなんですが、1年で倒産するところも本当に多いそうです。

倒産する業種というのは、、

ここで言うのはやめておきます。

一応まら依頼するかどうかわからないですが会社設立代行しているところに

いろんな情報をいただいているところなので。

でも、せっかく起業して法人設立までして倒産するのって

なんだか寂しいですよね。

でも、計画倒産とかいろんなものが含まれるだろうから

正確に真面目に起業してたところが倒産するわけじゃないと思います。

倒産した社長は復活できるのかな?

そんな不安に陥ることもありますが、、

自分はIT系なんで、とりあえず自分がメシ食える水準はがんばろうと思いますが

起業の目的とか創業計画書とかはしっかりと仕上げたいですね。