会社設立に当たって費用はいくらかかるの?

前回、平成18年の新会社法の施行によって、株式会社に一本化され、従来より設立が簡素化され、大げさにはなりますが資本金1円からでも会社設立できるというお話をしました。
実際、資本金1円の会社があるかは・・・謎ですが、資本金1円で、さらには社員が1人でも会社設立はできる時代です
しかし、資本金以外に費用はかかってくるのが実情です。その最低限の費用について調べていきましょう。

まず、公証人役場に支払う費用というものが発生します。

これは、定款認証を行う費用となります。内訳として、定款印紙代が40,000円、認証手数料が52,500円。謄本手数料が1枚当たり250円かかってきます。尚、定款を電子で行えば、収入印紙代がかからないということです。そして、法務税に支払う登録免許税が150,000円かかるということです。

さらには、会社印鑑を作成する費用もかかってきます。また、印鑑登録手数料が100円程、印鑑発行証明には300円前後かかるとのことです。

あくまで、会社設立に当たっての最低限の費用をまとめてみましたが、司法書士など専門家の助言を頂いた方が安心かつ簡単に済むのは間違いなさそうです。。
となれば、依頼費用も別途用意しておくのが無難でしょうか。