流動資産と固定資産を区分する基準

流動資産は、比較的短期間に換金される資産のことを言います。一般に

・当座資産(現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券)
・棚卸資産(商品、製品、半製品、仕掛品、原材料、消耗品、貯蔵品)
・その他流動資産(前渡金、前払費用、未収収益、立替金、短期貸付金、未収金、仮払金)

などに分類されます。

流動資産と固定資産とを区別する基準は、短期間に現金化できるか否かという点です。その判定方法として、商品の販売による売掛金など通常の営業活動から生じたものについては正常営業循環基準が、また貸付金などについては一年基準(ワン・イヤー・ルール )が用いられます。

正常営業循環基準とは、「現金→仕入→商品→販売→売上債権→現金という会社の通常の営業活動で生じる商品・売掛金・受取手形などは流動資産とする」という基準のことです。

一年基準(ワン・イヤー・ルール)は、決算日後1年以内に入金予定のものを流動資産とし、1年を超える入金予定のものを固定資産とする基準のことをいいます。