営業外収益の意味と内訳

営業外収益とは、本業以外の収益のことです。主に投資活動や財務活動による収益のことをいいます。

営業外収益の内訳としては、

受取利息

預貯金の利息、国債・社債の利子、他社・他人に対する貸付による利息など

受取配当金

配当金や、信用金庫等からの剰余金の分配のこと

有価証券売却益

株券や投資信託、国債、地方債などの有価証券を売却して得た利益のこと

仕入割引

仕入債務を支払い期日前に払ったことによる、仕入代価の割引のこと

不動産賃貸料収入

企業で保有している土地・建物を賃貸することで得られる収入のこと

為替差益

二国間の通貨における為替レートの変動によって発生した利益のこと

雑収入

営業外収益のうち、科目・金額共に重要性の乏しい利益のこと

などがあります。

営業外収益は損益計算書上において経常利益の区分に表示され、経常利益は営業利益に営業外収益を加えて、営業外費用を差し引いて算出します。