キャッシュフローの意味と重要性

キャッシュフローとは現金の流れを意味し、主に企業活動によって実際に得られた収入から外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことを言います。キャッシュフローは次の3種類に分かれてます。

1:営業キャッシュフロー

日常的な、生産・営業活動によって稼得する現金と、それに要する現金コストの収支のこと

2:投資キャッシュフロー

工場新設やビル建設・トラック購入などの設備投資・有価証券投資に要する現金支払いと資産売却による収入のこと

3:財務キャッシュフロー

財務活動による現金の収支のこと

企業価値の評価にキャッシュフローを使うことが近年、広く普及しています。それは、会計上の利益では、実際の現金の収支の詳細が分からないからです。そのため企業の実態を正確に把握する手段として、現金の実際の流れが把握出来るキャッシュフローの考え方が重視されてきています。その大きさが自己資金の余力とも言えるため、企業財務の健全化・実態を表すひとつの指標となっています。